臨床検査技師とは

臨床検査技師は、患者の治療にとってとても重要なお仕事です。医師が治療をするにはその患者の病状などを見極めなくてはいけません。そのための検査にかかわるのが臨床検査技師なのです。以前は医師が自分ですることの多かった検査なんですが、検査方法が複雑化した現在は専門的に検査を行う臨床検査技師に頼る部分が大きいのです。



臨床検査技師の行う検査としては、血液検査、尿検査などの患者の検体の検査、心電図、脳波などを検査する生理学検査、腫瘍の良性か悪性かを判断するときに使われたりする、病理標本を作製・細胞診標本検鏡する病理学的検査、患者の罹患している病原微生物の培養同定などを行う微生物学検査など多岐にわたります。



臨床検査技師になるには、臨床検査に関わる3年制の短期大学、3年制の専門学校、4年制の大学(医学部臨床検査技術学科および医療衛生学部や保健学部など)を修業あるいは卒業して、臨床検査技師の国家試験に合格しなければなりません。



このほか、臨床検査技師の国家試験の受験資格を得るには、薬学部、獣医学部、理学部などで履修している場合は、薬学、獣医学、理学などの課程に加えて臨床検査に関わる一定の科目を取得することで可能となります。


また、医学部医学科、歯学部歯学科(生命歯学部生命歯学科)の卒業者および医師・歯科医師免許取得者も臨床検査技師国家試験の受験資格があります。臨床検査技師の勤務先は、病院をはじめ保健所や衛生研究所、健診センターなど多くの職場があります。

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。